旅をおもしろくする観光地図|今八

正確でわかりやすい地図、全国の観光マップを無料でダウンロード

地図で旅をおもしろく

国土地理院の地図をベースに使用し、道のデフォルメをせず、正確な距離、縮尺で観光地図を作成しています。
見ているだけで楽しい、旅行に行きたくなる、迷わず目的地に行ける、そんな地図を目指しています。PDFをダウンロードして、印刷した地図を持っていくか、現地で当サイトをご利用ください。
東京 六本木map

東京 六本木

坂と大使館と森ビルの街 六本木 東京 六本木map(タップで大きい画像が開きます。PDFは 最下部にあります) 今八街歩きが好きな人におすすめしたいエリアです。 地図のダウンロードはこちら 東京 六本木map PDF(A4)をダウンロード 個人利用はもちろん商用利用も可能ですが、再配布・販売を禁止します、詳細は利用規約をご確認ください。

ReadMore

京都 宇治map

京都 宇治

源氏物語の舞台でお茶の町 宇治 京都 宇治map(タップで大きい画像が開きます。PDFは 最下部にあります) 今八平等院は10円玉の裏でおなじみですね 源氏物語の最後の章「宇治十帖」 源氏物語が書かれた平安中期、宇治は貴族の別荘が多く営まれていた。世界遺産平等院も元は藤原道長の別荘宇治殿を息子の頼通が寺院に改めたものだそう。 藤原道長に気に入られ、道長の娘彰子の女房として宮仕えをしていた紫式部は、源氏物語全54帖の最後の十帖を、ここ宇治を舞台に書いた。 大雑把なあらすじを言うと、表向きは光源氏の子とされて ...

ReadMore

愛媛 松山城周辺map

愛媛 松山城周辺

お椀を返したような、まあるい山の上にあるお城 愛媛 松山城周辺map(タップで大きい画像が開きます。PDFは 最下部にあります) 松山城 松山城 知っておきたい、松山で育ち活躍した三傑。 秋山好古 秋山好古(あきやまよしふる)は、「日本騎兵の父」と云われた陸軍大将、当時弱いと馬鹿にされていた日本騎兵を世界最強と呼ばれたコサック騎兵と渡りあえるまでに育て、日清、日露戦争の勝利に大きく貢献した。端正な顔立ちで日本でも留学先のフランスでもモテたらしい。貧しい家に生まれたが、精進により日本の陸軍大将にまでなった。 ...

ReadMore

愛媛 松山道後温泉map

愛媛 松山道後温泉

日本最古の温泉をあるく 愛媛 松山道後温泉map(タップで大きい画像が開きます。PDFは 最下部にあります) 松山を代表する観光スポット「道後温泉本館」は、初代道後湯之町町長、伊佐庭如矢(いさにわゆきや)氏が道後温泉の繁栄発展を願い明治27年に建設した。 「100年先も他所が真似できないようなものを作る」をテーマにした本館のデザインは、当時では大変珍しい木造三層楼、内装にはぎやまんガラスを多く取り入れ、ハイカラなものとなった。 道後温泉本館 当然建設費用も高く、小学校教員の初任給が8円の時代に、総工費は1 ...

ReadMore

愛知 名駅・栄・名古屋城map

愛知 名駅・栄・名古屋城

ビジネス色の強い名古屋 愛知 名駅・栄・名古屋城map(タップで大きい画像が開きます。PDFは 最下部にあります) 名古屋駅近辺の観光といえば、名古屋城、熱田神宮、オアシス21、ノリタケの森、清洲城、徳川美術館、トヨタ産業技術記念館、レゴランド、そして愛・地球博記念公園内に2022年開業予定のジブリパークなど、様々な施設がある。 それぞれが魅力的なのだが、微妙に離れていて少々回りづらい。今回はさらっと見て回れるようにいくつかピックアップしたので出張の帰りや、旅行の1日目、最終日にどうぞ。 今八味噌煮込みう ...

ReadMore

大阪 大阪梅田・大阪城map

大阪 大阪梅田・大阪城

織田信長・豊臣秀吉・徳川家康が欲しがった大坂城 大阪 大阪梅田・大阪城map(タップで大きい画像が開きます。PDFは 最下部にあります) 今八大坂の「坂」の字は、士が反するから縁起が悪いということで、廃藩置県の際に大阪になったそうです。 顕如が作った難攻不落の城郭 大坂城は、石山本願寺の跡地に建てられたと言われている。石山本願寺と言えば、一向宗の総本山、そして織田信長と11年に渡り戦い続けた難攻不落の城郭である。 寺なのに城郭というのも変だが、当時の本願寺は丘の上にあり、北と東は川に守られた「守りやすく攻 ...

ReadMore

静岡 熱海map

静岡 熱海

徳川家康が特に愛した温泉、熱海。 静岡 熱海map(タップで大きい画像が開きます。PDFは 最下部にあります) 今八栄枯盛衰が目に見える、独特の雰囲気があります。 このお湯、健康に良さそう!by家康 徳川家康は湯治に訪れた際、熱海七湯の一つ「大湯」を大変気に入ったと言われている。現在の大湯間欠泉は人工的なものだが、当時は地面を揺らすほどの湯を吹き出す自噴泉であった。 申し分のない湯量と泉質を気に入り江戸へ運ばせたのだが、熱海から江戸城まで約15時間で届けたというから交代とは言え体力・脚力に驚く。湯の温度は ...

ReadMore

地図をさがす

error:

Copyright© 旅をおもしろくする観光地図|今八 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.