旅をおもしろくする観光地図|今八

正確でわかりやすい地図、全国の観光マップを無料でダウンロード

関東 神奈川

神奈川 江の島

投稿日:2019年5月27日 更新日:

岩上にこんもりとした森 江の島をあるく

神奈川 江の島map

神奈川 江の島map(タップで大きい画像が開きます。PDFは 最下部にあります)


今八
江の島の西側は山になっていて階段も多く、ちょっとした登山です。

江の島 おすすめの回り方

江の島

左側が江の島。上の方に江の島シーキャンドルが見える。

仲見世通りからスタート

江ノ電の江ノ島駅や、小田急の片瀬江ノ島駅から弁天橋を渡って江の島に入ると、青銅の鳥居が見えてくる。鳥居の先は江島神社の参道であり、江の島の中でもっとも賑わっている仲見世通りだ。

弁財天仲見世通り

弁財天仲見世通り

江島神社 辺津宮(へつみや)へ

両側に並ぶ店を冷やかしたあと、江島神社辺津宮(へつみや)と奉安殿の弁天様を参拝する。辺津宮には、三姉妹のうちの一柱、田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)が祀られている。

江島神社 瑞心門

江島神社 瑞心門

中津宮(なかつみや)へ

中津宮(なかつみや)へ向かう。余談だが江の島にはエスカーというエスカレータがあり、ちょっとした山登りのような階段道を、半分は省略することができる。
中津宮には、三姉妹のうちの一柱、市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)が祀られている。

参拝後、少し歩くとひらけた場所にでる。広場にはベンチが多く、一息つける。

サムエル・コッキング苑

江の島シーキャンドル

江の島シーキャンドル

お花の好きな人はサムエル・コッキング苑へ。四季折々のお花が楽しめるほか、展望灯台シーキャンドルからは平塚方面へ続く砂浜と富士山が見られる。想像よりも絶景!是非、天気の良い日にオススメしたい。

奥津宮(おくつみや)へ

ひと息ついたらさらに奥、三姉妹のうちの一柱、多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)が祀られている奥津宮(おくつみや)へ向かう。

ゴール 稚児ケ淵へ

奥津宮を参拝後、そのまま道なりに急な階段をひたすらおりていくと稚児ケ淵に出る。思ったよりひらけた岩場で、時間にもよると思うが、勢いのある波がしぶきを上げている。あまり見られる光景では無いのでおもしろい。

帰りは稚児ケ淵の端っこから船(べんてん丸)に乗ると、来た道を戻る必要がなく楽だ。弁天橋の中腹まで連れて行ってくれる。

江の島岩屋

江の島岩屋

江の島岩屋

江の島岩屋

遊覧船べんてん丸

遊覧船べんてん丸

江島神社

江島神社(裸弁財天)

江島神社(裸弁財天)

江の島の中心にある江島神社(えのしまじんじゃ)。ご祭神は、天照大神(あまてらすのおおかみ-姉)と素盞嗚尊(すさのおのみこと-弟)が、うけひの勝負をした際に生まれた三姉妹。財宝招福、芸道上達の神様として厚い崇敬を受けている。
この江島神社、神仏習合時代の1649年から明治元年の神仏分離まで、金亀山与願寺(きんきざんよがんじ)という寺だった。庶民の江島弁財天への信仰は厚く、大変賑わっていたという。現在、弁天様は辺津宮の隣にある奉安殿へ安置されている。

地図のダウンロードはこちら

個人利用はもちろん商用利用も可能ですが、再配布・販売を禁止します、詳細は利用規約をご確認ください。

こちらもどうぞ


地図範囲について

この地図には、江の島、片瀬江ノ島駅、江島神社、サムエル・コッキング苑、江の島シーキャンドル(展望灯台)、稚児ケ淵が含まれています。

-関東, 神奈川
-, , ,

error:

Copyright© 旅をおもしろくする観光地図|今八 , 2019 All Rights Reserved.