旅をおもしろくする観光地図|今八

正確でわかりやすい地図、全国の観光マップを無料でダウンロード

北海道

北海道 札幌

投稿日:2018年12月12日 更新日:

札幌の象徴をあるく

北海道 札幌map(タップで大きい画像が開きます。PDFは最下部にあります)

北海道 札幌map(タップで大きい画像が開きます。PDFは最下部にあります)

札幌の象徴、The定番コース

札幌の象徴である、北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)、時計台、テレビ塔、大通公園をあるく。できれば地図を見ながら目で追ってほしい。

地下鉄南北線さっぽろ駅からスタート、5〜10分あるくと北海道庁旧本庁舎に到着する。館内には、北海道の歴史をたどる資料が展示されており、ボランティアガイドに館内を案内してもらうこともできる。その後、イチョウ並木を歩きながら時計台へ向かう。賛否両論あるが一度は見ておきたい。ちなみに時計台の鐘は現在も毎時間鳴っているそうだ。

一区画歩くと、ひらけた大通公園にでる。遮るものが何もないので、テレビ塔がきれいに見える。ここでは、よさこいソーラン祭、ホワイトイルミネーション、雪まつりなど、一年を通して数多くのイベントが開催されている。時間があればそのままススキノあたりでみそラーメンを食べる。ラーメン含め3時間程度のコースだ。

北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)

北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)

札幌市時計台

札幌市時計台

春の大通公園

春の大通公園

大通公園 ホワイトイルミネーション

大通公園 ホワイトイルミネーション

緑いっぱい!北海道大学コース

北海道大学をあるく。こちらはJR札幌駅からスタートし5、6分程度あるくと正門に到着する。大きく育った木々、芝生、みどりが多いので散策が気持ちいい。

古河講堂からクラーク胸像→旧農学部図書館→エルムの森まで進み、レストランエルムまたは中央食堂(学生に混じって食事をすることができる)で、ひとやすみしたら、そのままイチョウ並木を通って駅まで戻ってもいいし、博物館に入ってじっくり見学もいい、またイチョウ並木の角を曲がらずに、札幌農学校第2農場まで行ってもいい。

初夏や紅葉の時期がおすすめ。構内に入るだけなら料金は必要ない。

北海道大学の生みの親クラーク博士像(羊ヶ丘展望台)

北海道大学の生みの親クラーク博士像(羊ヶ丘展望台)


今八
歩いたあとは、緑提灯の店でサッポロビールを楽しみたい

緑提灯の店

地場産品(穀物、野菜、魚、肉等)を積極的に使っているレストランや居酒屋は、それを示す「緑提灯」が店頭に飾られている。そして使用する地場産が多いほど★の数も増えていく。すすきの周辺にいい店が多い。

地図のダウンロードはこちら

札幌map PDF(A4)をダウンロード

個人利用はもちろん商用利用も可能ですが、再配布・販売を禁止します、詳細は利用規約をご確認ください。

-北海道
-, ,

error:

Copyright© 旅をおもしろくする観光地図|今八 , 2019 All Rights Reserved.