旅をおもしろくする観光地図|今八

正確でわかりやすい地図、全国の観光マップを無料でダウンロード

中国・四国 岡山

岡山 倉敷 美観地区

投稿日:2018年12月7日 更新日:

繁栄の跡がくっきりと残る倉敷

岡山 倉敷 美観地区map

岡山 倉敷 美観地区map(タップで大きい画像が開きます。PDFは最下部にあります)

今八
お土産はジーンズと備前焼

海だった美観地区をあるく

綿栽培のはじまり

観光地として人気のある倉敷だが、この辺りは、400〜500年前まで島がポツポツと点在する海だった。「吉備の穴海」と呼ばれていたが、室町時代から江戸時代にかけて行われた干拓事業により、少しづつ陸地になっていったという。埋め立てたばかりの土地は塩分を含み、米が育ちづらい土壌のため、塩に強い綿が、玉島、児島、倉敷周辺で多く栽培された。その為この辺りは繊維産業が盛んになったのである。

綿花

綿花

江戸時代は、瀬戸内海屈指の商港だった

江戸時代、幕府の直轄地「天領」であった倉敷は、瀬戸内海屈指の商港として大いに繁栄していた。倉敷川沿いには米や、加工された綿製品などを保管しておく蔵や、立派な商家がいくつも建設され、現在の美観地区の町並みの基礎が形成された。

倉敷 美観地区 有隣荘

倉敷 美観地区 有隣荘

倉敷 美観地区 町並み

倉敷 美観地区 町並み

倉敷 美観地区 町並み

倉敷 美観地区 町並み

倉敷 美観地区 観光川舟

倉敷 美観地区 観光川舟

明治時代、繊維産業がさらに発展

話は飛んで明治15年に下村紡績所(児島)、明治21年に倉敷紡績所(現クラボウ)が設立されると、倉敷周辺の繊維産業はさらなる発展を見せる。大正初期には足袋の生産は日本一になり、和装が洋装に変わる昭和初期にスタートした学生服の生産は昭和30年代には全国シェア90%を占め、再びの黄金期となる。1970年頃からはジーンズの生産が開始され、児島産の高品質なジーンズは人気を博している

地図のダウンロードはこちら

倉敷 美観地区map PDF(A4)をダウンロード

個人利用はもちろん商用利用も可能ですが、再配布・販売を禁止します、詳細は利用規約をご確認ください。

-中国・四国, 岡山

error:

Copyright© 旅をおもしろくする観光地図|今八 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.