関東 埼玉

埼玉 川越

2018年12月18日

商人の町 小江戸川越をあるく

埼玉 川越map(タップで大きい画像が開きます。PDFは最下部にあります)

埼玉 川越map(タップで大きい画像が開きます。PDFは最下部にあります)


今八
美味しいうなぎ屋が多い。有名店はかなり並ぶので注意!

スポンサーリンク

蔵づくりの町並みはどうしてできたのか

川越は、江戸初期から明治にかけ、江戸東京との物流が舟運によって盛んに行われ、商人の町として大いに発展していた。豪商も多くいたらしい。

ところが明治26年(1893年)3月、川越大火が発生する。この火事で町の1/3を焼失、その際焼けずに残ったのが蔵造り建築だった。これに目をつけた商人は、レンガ造りなどの近代的で新しい建築が流行する中、火に強い蔵造りで再建することを決め、現在の町並みが形成されたと言われている。重厚な蔵が立ち並ぶ様は見応えがある。

川越 蔵づくりの町並み

川越 蔵づくりの町並み 写真提供:埼玉県観光課(複製・再転載禁止)


川越 時の鐘

川越 時の鐘 今も1日4回時を告げている。写真提供:埼玉県観光課(複製・再転載禁止)

川越城跡

江戸時代、川越城本丸は広さ1025坪、建造物の数16棟の広い面積を保有していた。しかし明治になると城は次第に解体され、現在は本丸御殿の玄関部分と大広間・家老詰所を残すのみとなっている。中は見学可能。

川越城本丸御殿(写真提供:photolibrary)

川越城本丸御殿(写真提供:photolibrary)

川越城の壺庭(写真提供:photolibrary)

川越城の畳の廊下

川越城の畳の廊下(写真提供:photolibrary)

地図のダウンロードはこちら

個人利用はもちろん商用利用も可能ですが、再配布・販売を禁止します、詳細は利用規約をご確認ください。

地図範囲について

この地図には、本川越駅、川越大師 喜多院、氷川神社、蔵づくりの町並み、菓子屋横丁、川越城跡が含まれています。

-関東, 埼玉
-, , ,

error:

© 2020 旅をおもしろくする観光地図|今八